特定健診・特定保健指導の対象者になります

特定健診とは、糖尿病や高血圧、脳卒中などの「生活習慣病」に関する健康診査のことをいい、特定保健指導とは、特定健診の結果により医師や保健師が行う保健指導のことをいいます。 平成20年4月より医療保険各法の保険者(当健康保険組合も含め)に対し、40歳以上の被保険者および被扶養者を対象に実施が義務づけられています。  

○特定健診・特定保健指導の目的

高血圧、脂質異常、高血糖のリスクを併せもち、生活習慣病を引き起こす確率が高い状態をメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)といい、重なるリスクの数が多いほど、命にかかわる心臓病や脳卒中を発症する危険性が増してきます。 特定健診は、それらの発症や重症化を予防することを目的として行い、その対象者を選定します。特定保健指導は、その対象者(リスクの高い方)に対して、医師・保健師・管理栄養士等の専門スタッフが保健指導を行い、生活習慣改善のサポートをします。  
○特定健診とは
40歳から74歳までの当健康保険組合の加入者(被保険者、被扶養者)を対象とした、メタボリックシンドロームの該当者・予備群などをみつけ出すための健診です。 検査内容には、メタボリックシンドロームの診断基準で用いられる腹囲(おへそ周り)の測定、動脈硬化に大きく関係しているLDL-コレステロールの測定などがあります。  
○特定保健指導とは
特定健診を受けた結果、メタボリックシンドロームのリスク数によって生活習慣の改善が必要な方を対象に行う保健指導のことをいいます。医師、保健師、管理栄養士が、対象者とともに、対象者個々人の生活習慣を振り返り、減量や運動などの個別の行動目標を設定します。行動目標を達成するために、対象者が取り組むことができる範囲で必要となる行動計画を作成し、その目標達成に向けたサポートを行います。特定保健指導は、リスクの程度に応じて、「動機付け支援」と「積極的支援」に分類されます。   「動機づけ支援」 原則1回の支援を行います。支援方法は、個別もしくはグループとなります。個別面接であれば、最低20分以上の支援(個別支援)を行い、グループ面接(8人以下)の場合には、最低80分以上の支援(グループ支援)となります。   「積極的支援」 「動機付け支援」と同様の初回の支援を行った後、継続的に3ヶ月以上の支援を行います。    

Q.メタボリックシンドロームとは?

A. メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)とは、内臓脂肪の蓄積により、高血圧・高血糖・脂質異常症などが2つ以上を合併した状態をいいます。自覚症状はほとんどないものの、放っておくと動脈硬化が急速に進行し、心臓病や脳卒中などを引き起こす危険性が高まります。