介護保険の保険料

40歳以上の方は原則として、全員が介護保険に加入します。運営者(保険者)は、各市区町村および特別区(東京23区)です。介護保険料は、介護保険制度の保険者である市区町村に代わり健康保険組合が40歳から65歳未満の被保険者・被扶養者(ともに介護保険の第2号被保険者という)から健康保険料と合わせ徴収することになっています。介護保険料の金額・徴収方法は、第1号被保険者と第2号被保険者とでは異なります。  
■第1号被保険者(65歳以上の人)
・保険料は全額自己負担です。 ・各市区町村が徴収します。(年金月額15,000円以上の人は年金から直接徴収され、15,000円未満の人は市区町村が個別に徴収します。) ・市区町村によってサービスに要する費用が異なるため保険料は異なります。   くわしくは、各市区町村の介護保険関連窓口にご確認ください。  
■第2号被保険者(40歳から64歳の方)
・保険料は原則事業主と被保険者と折半です。(40歳から64歳までの被扶養者の介護保険料は、被保険者本人の保険料に含まれています。別途収める必要はありません。) ・介護保険料は、標準報酬月額および標準賞与額に介護保険料率を乗じて決定され、健康保険料と合わせて毎月の給与等から差し引かれます。   保険料一覧はこちら (保険料月額表)  
■特定被保険者
国内に40~64歳の被扶養者(介護保険の第2号被保険者)のいる方で、(1)40歳未満の被保険者 (2)海外居住のため適用除外となる被保険者 (3)65歳以上の被保険者(介護保険の第1号被保険者) を「特定被保険者」といい、当健保組合では介護保険料を徴収しています。    
以下の内容については、各市区町村のホームページでご確認ください。 ・介護保険の利用方法 ・介護保険のサービスを受けるとき ・介護保険のサービス内容 ・要介護区分