柔道整復師(接骨院・整骨院)にかかるとき

本来、柔道整復師の施術料の支払いは、受診者が一旦窓口で全額を支払い、あとで払い戻しの請求をする「立て替え払い」のしくみになっています。しかし実際には、受診者は窓口で自己負担分のみを支払い、あとで柔道整復師が患者の代わりに払い戻し請求をすることが、特別に認められているのです。    

健康保険が使えるのは限られたケースだけです

柔道整復師は「柔道整復師法」に基づく国家資格で、骨折・脱きゅう・ねんざ・打撲などへの施術を行なっています。ただし、いわゆる病院ではありませんので、健康保険で給付を受けられる範囲は限られています。 時折、街中で接骨院・整骨院の看板などに「保険取扱い」と表示されているケースもありますが、下記の(例)のように健康保険が「使える場合」と「使えない場合」があります。
(例)健康保険が使えるケース
・急性など外傷性のねんざ・打撲・挫傷(肉離れなど)
・骨折・脱きゅう(医師の同意が必要)
※応急処置など、やむを得ない場合は「医師の同意」がなくても施術が受けられますが、応急処置以後の施術には医師の同意が必要です。
(例)健康保険が使えないケース
・椎間板ヘルニアなど、本来医師が診察すべき疾病
・日常生活や老化による肩こり・腰痛・筋肉痛
・病気(リウマチ、関節炎、五十肩、神経痛、ヘルニアなど)からくる痛み・こり
・スポーツによる筋肉疲労、筋肉痛など
・スポーツなどを繰り返し行い、症状を悪化させたとき
・症状改善のない漫然とした長期の施術、ほか
   
ご注意
【柔道整復師(接骨院・整骨院)にかかるときの注意事項】
★保険医療機関での治療との重複受診はできません!
同一の負傷について、同時期に整形外科の治療と柔道整復師の施術を重複並行的に受けた場合、原則として柔道整復師の施術料は全額自己負担になります。
★負傷原因を正確に伝えましょう!
外傷性の負傷でない場合や、負傷原因が労働災害・第三者行為(交通事故等)に該当する場合は、健康保険は使えません。
★診療時には、療養費支給申請書の負傷原因、負傷名、日数、金額をよく確認し、必ず自分で署名または捺印をしてください!
★領収書を必ずもらい、医療費通知等で確認してください!