在宅医療が受けられるとき

難病や末期がん等で在宅療養している患者が、医師が認めた場合に指定訪問看護事業者(訪問看護ステーション)から看護師等の訪問看護・介護サービスを受けた時「訪問看護療養費(被扶養者は家族訪問看護療養費)を受けることができます。自己負担はかかった費用の3割です。   ○利用方法 患者や家族が医師に申し込み、それを受けて医師は地域の「訪問看護ステーション」に指示を出し、その報告を受けます。患者は費用(自己負担は3割)が基本利用料どなり、残りの費用の7割は健康保険組合が負担します。   手続き 健康保険組合で行いますので、申請は不要です。