こんなときは健康保険でかかれません

○健康保険でかかれない診療
・美容を目的とする整形手術…シミやアザ、二重瞼やわきが、レーシック手術  (例外)治療が必要な症状、けがの処置のための整形手術、斜視などで労務に影響がある場合   ・健康診断や生活習慣病健診、人間ドック  (例外)診断の結果、再検査、治療が必要となった場合   ・予防注射  (例外)はしかや破傷風など感染の危険がある場合   ・正常な妊娠・出産  (例外)妊娠高血圧症候群、異常分娩など、治療の必要がある場合   ・人工妊娠中絶手術  (例外)経済的理由以外での、母体保護法に基づく人工妊娠中絶  
○こんなときは健康保険の給付が全部または一部制限されます
・正当な理由なく医師の指導に従わなかったり、健康保険組合の指導を拒否したとき ・けんか、酔っぱらいなどで事故を起こしたとき ・故意の犯罪または故意に事故を起こしたとき ・詐欺その他の不正な行為により保険給付を受けたり、受けようとしたとき ・監獄や少年院など刑事施設等に拘禁されたとき  
○勤務中や通勤途上のけが
健康保険の給付は、業務外の病気やけがに対して行われます。業務上や通勤途中のけがについては、原則的に労働者災害補償保険(労災)によって業務災害・通勤災害として取り扱われるため、健康保険での給付は受けられません。(業務災害・通勤災害かどうかの認定は労働基準監督署が行います。)また、自動車や自転車を利用した通勤途上の事故にも健康保険の給付は行われませんのでご注意ください。