子どもの就職や親との別居などで、被扶養者からはずすとき

健康保険証を交付されている家族(被扶養者)が、就職、結婚、死亡などにより、認定基準を満たさなくなった場合や、同居が認定条件となっている家族と別居することになった場合などは、被扶養者からの削除の手続きが必要です。
また、パートやアルバイトで働くことにより認定基準を満たさなくなった場合や、75歳となり「後期高齢者医療制度」(長寿医療制度)の被保険者となった場合なども同様です。

【 被扶養者の削除申請が必要なケース 】

・被扶養者が就職した
・被扶養者の収入が増加し、認定条件を超えた
・離婚もしくは養子縁組をした
・被扶養者が死亡した
・被扶養者が75歳に到達した
・その他、扶養の事実がなくなった

【手続き】

下記の【扶養から外すときに必要な書類一覧】をご確認の上、必要書類を取り揃え、速やかに事業主経由で健康保険組合に提出してください。
なお、被保険者が退職や死亡などにより、被保険者としての資格を喪失した場合には、被扶養者として認定されている家族の「健康保険被扶養者異動届」は必要ありません。

【 扶養から外すときに必要な書類一覧 】

こちらをご確認ください