各種保健事業一覧

当健康保険組合では、被保険者と被扶養者の病気予防と健康管理のために次の事業を実施しています。

健診・人間ドック一覧

事業名 対象者 事業内容・費用負担等
人間ドック 36歳以上の
被保険者・被扶養者
年度1回、上限40,000円(税込)までの費用の実費額を補助します。
配偶者健診 被扶養配偶者 年度1回、上限12,000円(税込)までの費用の実費額を補助します。
婦人科(乳がん・子宮がん)検診 女性被保険者(全年齢)
20歳以上の女性被扶養者
年度1回、それぞれ上限6,000円(税込)までの費用の実費額を補助します。
任継一般健診 任継被保険者・被扶養者 任意継続被保険者を対象として年度1回、上限12,000円(税込)までの費用の実費額を補助します。
特定健診 40歳以上の
被保険者・被扶養者
年度1回、特定健診に要した費用を健康保険組合が全額負担します。
(定期健康診断・人間ドック・配偶者健診・任継一般健診には特定健診の検査項目がすでに含まれています。)
肝炎ウイルス検査 新規加入者・
未受診者
HBs抗原検査・HCV抗体検査を被保険者全員、被扶養者は希望者を対象に実施します。(マルハン健康保険組合加入中に1回限り)
脳ドック
(頭部MRI+頭部MRA)
36歳以上の
被保険者・被扶養者
4年度に1回、上限40,000円(税込)までの費用の実費額を補助します。
内視鏡(胃カメラ) 36歳以上の
被保険者・被扶養者
人間ドック受診時の胃部X線検査を胃部内視鏡検査に替えて受診した場合、年度1回、上限6,000円(税込)までの費用の実費額を補助します。
HPV郵送検査
(自己採取型HPV検査)
女性被保険者(全年齢)
20歳以上の女性被扶養者
子宮頸がんの早期スクリーニングを行うための自己検査です。
検査費用は健康保険組合が全額負担します。
二次検診 基準該当者 二次検診としての再検査に対し、本人からの請求により年度1回、上限5,000円(税込)までの費用の実費額を補助します。
特定保健指導 40歳以上の
該当者
該当する対象者に対し年度1回、特定保健指導に要した費用を健康保険組合が全額負担します。
ダイエットサポートプログラム
(プレ特定保健指導)
36歳~39歳の
該当者
健診結果から、生活習慣病予防のためにダイエットが必要と思われる方に健康保険組合からご案内します。
専門職からのサポート費用を健康保険組合が負担します。
禁煙外来費用補助 20歳以上の
基準該当者
保険適用される禁煙外来費用に対し、年度1回、上限20,000円(税込)までの費用の実費額を補助します。
オンライン禁煙プログラム 20歳以上の
被保険者・被扶養者
希望する該当者に対し年度1回、自己負担額5,500円(税込)を除くオンライン禁煙プログラムの費用を健康保険組合が全額負担します。(先着100名様限定)
無料歯科健診 被保険者・被扶養者 歯科健診センターと提携している全国各地の歯科医院で口腔健診が無料で受けられます。(要予約)
口腔ケア30日トライアル 20歳以上の
被保険者・被扶養者
希望者を対象にサンスター財団の口腔ケアプログラムを提供し、正しい口腔ケア習慣の習得を図ります。
インフルエンザ予防接種 被保険者・被扶養者 インフルエンザ予防接種に要した費用に対して年度1回(小学生以下は年度2回)、上限3,500円/回までの実費を健康保険組合が負担します。
ファミリー健康相談 被保険者・被扶養者 24時間、電話やWEBから健康に関する相談ができます。(相談料・通話料無料)
重症化予防個別指導 各健診結果やレセプトデータをもとに該当する方 健診結果やレセプトから対象者を抽出し、糖尿病性腎症の悪化、腎不全への進行を防ぐための個別指導を行います。指導に要した費用は健康保険組合が全額負担します。
  • ※健保または健保の委託業者から対象者へご案内、個別指導を行います。
重複受診者個別指導 レセプトデータから該当する方 レセプトから抽出された重複受診、重複処方の対象者へ、過剰な検査や服薬による「健康被害」を防ぐために個別指導を行います。指導に要した費用は健康保険組合が全額負担します。
  • ※健保または健保の委託業者から対象者へご案内、個別指導を行います。