高齢受給者証が交付されます

70歳から74歳までの高齢者の医療費の自己負担割合は、所得に応じて1割(平成26年4月1日以降に70歳に達する被保険者については2割)または3割となります。この医療費の自己負担割合を確認するものとして、「高齢受給者証」が被保険者本人、被扶養者一人ひとりに交付されます。医療機関での受診の際には、「健康保険証」と一緒に「高齢受給者証」を窓口に提示してください。   なお、一部負担割合が変更されたときは、高齢受給者証も変更となります。   高齢者受給者証は、70歳到達日(誕生日の前日)の翌月1日からご使用いただけますので(但し、1日生まれの方は当月から)、70歳到達日の属する月中に当健保より送付いたします。特に交付を受けるための申請は必要ありません。   健康保険資格喪失後は、健康保険証と合わせて、速やかにご返却ください。  
健康保険高齢受給者証
表面
裏面