入転院するのに歩けないとき

○移送費

緊急治療が必要な場合や、入院や転院のための移動が困難な場合、医師の指示により車などで移動することを移送といい、その費用の基準額が支給されます。  
○支給される額
最も経済的な費用(通常の経路および方法により移送された場合の費用)に基づき移送費の額が算定され、実際に要した費用を限度に支給されます。医師・看護師等の付き添いを必要としたときは、医師が必要と認めた場合に限り、原則1人までの交通費が支給されます。また、そのとき医学的管理等に要した費用を払ったときは、原則1人分の人件費等について、療養費として実際に要した費用を限度に支給されます。  
○こんなときに移送費が支給されます
次のいずれにも該当することを、保険者が認めた場合に支給されます。
1.移送の目的である療養が、保険診療として適切であること
2.傷病により患者の移動が困難であること
3.緊急その他やむを得ないこと
    手続き
移送費の支給を受けるためには、事前(やむを得ない時は事後)に健保組合の承認が必要です。
  【提出書類】
・健康保険移送費支給申請書
  【添付書類】
・領収書
   

Q.毎日の通院時にタクシーを使った場合は移送費支給の対象になりますか?

A. 移送費は、病気やけがで病院等に移送が困難で、緊急その他やむを得ない場合であると健康保険組合が認めたときに限られています。したがって、毎日通院のために使うタクシーの費用については、支給の対象にはなりません。