5月病 ~ この時期の不調について ~

5月病 ~ この時期の不調について ~
進学や就職、異動、転居などで4月から新しい環境に入り、最初のうちは張り切っていたのに、5月の連休明け頃から、なんとなく体がだるかったり、気分が落ち込んだり、仕事や勉強、家事などに集中できなくなっていませんか。 そんな症状があったら5月病かもしれません。
clip_image002
■5月病とは
5月病とは、期待に胸を脹らませて新しい環境に入ったが、その新しい環境についていけず焦りを感じたり、夢と現実のギャップにショックを受けたりした結果、仕事や勉強への意欲を失ってしまう症状の事をいいます。病院などで使われる正式な病名ではなく、決められた定義や概念があるわけではありません。 もともとは、大学入学後の学生が、ゴールデンウィーク明けくらいにストレスから、無気力な状態になる事からついた病名と言われていますが新しい環境についていけなかったり、期待感とのギャップによるストレスからくる症状なので、新入生や5月に限って起きる病気ではなく、いつでも誰にでもおこる可能性はあります。
■よく見られる症状
☆体に出てくる症状 疲れやすい・朝起きられない・食欲が湧かない・めまいがする・頭痛・腹痛・便秘・眠れない・ 動悸・疲労感 ☆内面的に出てくる症状 焦燥感がある・イライラする・やる気が出ない・不安感がある・なんとなく落ち込んでいる・ 何をするのも面倒で億劫・思考力・判断力が持てない・興味、関心がわかない
■主な原因は
● 新しい学校・職場・転居など、環境の変化についていけない ● 新しい人間関係がうまくいかない ● 入試・入社・昇進など、大きな目標を達成した緊張からの解放感 ● 大きな目標を達成し、次の目標を見失う ● 想像していた新生活と現実のギャップ、失望感
■効果のある対策
◆たっぷり寝て、しっかり身体を休める。睡眠リズムを一定に保つように心がける。clip_image002 ◆栄養のバランスが取れた食事をする ◆ゆっくりお風呂(湯船)に入る ◆好みの音楽を聞く ◆アロマテラピーでリラックスする ◆映画、コンサート、スポーツ、小旅行などに出かけて気分転換をはかる ◆新しい目標を見つける ◆家族、友人や先輩などに、話を聞いてもらう
不調が続く場合は…
いろいろな対処法を試してみても、調子が戻らない場合や、睡眠不足ではないのに疲れや不安などが1ヵ月以上続く場合は、適応障害などの精神的な病気の可能性もあります。 特に、趣味など以前は好きだったものにも関心がなくなっている場合は注意が必要です。不調が続くようなら、精神科、心療内科、あるいはかかりつけの医師がいるクリニックなどの専門家にご相談ください。 また、電話やメールでご相談になれる「なんでも相談サービス」(詳しくは当健保Facebookをご参照ください)などをご利用になったり、 学校であれば、スクールカウンセラーに相談してみるのも良いでしょう。