健康保険の制度改正のご案内~平成28年4月から変わります~

健康保険法の改正で平成28年4月から変わる健康保険の制度についてご案内します。保険料や給付内容に影響しますので、確認をお願い致します。  

標準報酬月額・標準賞与額について

  • 標準報酬月額の上限の引き上げ
保険料の計算の基準となる標準報酬月額の上限が引き上げられ、現在の最高等級(47等級)121万円から139万円(50等級)になります。

どうなる?

標準報酬月額の上限が引き上げられることで、毎月の報酬が123万5,000円を超える高所得の人が負担する保険料が増加します。(該当しない人はこれまでと同じで影響はありません)

 
  • 標準賞与額の累計額の引き上げ
賞与にかかる保険料の算出の基準となる標準賞与額の上限が、これまで年度累計で540万円でしたが、573万円に引き上げられます。

どうなる?

賞与にかかる保険料は、これまで年度の累計額の上限が540万円で、それ以上支給された賞与には保険料がかかりませんでした。上限の引き上げで、賞与の支給額が年度で540万円を超える人では負担が増えます。

 

給付内容について

  • 傷病手当金と出産手当金の算定方法が見直されます
傷病手当金・出産手当金は一定条件を満たすと、1日につき標準報酬日額の3分の2相当額が支給されますが、標準報酬日額の算定方法が「支給開始月を含む直近12ヵ月の平均標準報酬月額を30で除した額」 に変更となります。 ただし被保険者期間が1年に満たない人は、その人の被保険者期間における標準報酬日額の平均と、支給開始日の属する年度の前年度の9月30日における全被保険者の平均報酬日額のいずれか少ない額の3分の2相当額となります。

どうなる?

現行は直近の標準報酬月額の30分の1を基に計算されていることから、休業直前の報酬額だけが手当金の支給額に反映されていました。改正後は1年間の平均を基に反映されるため、より実状に近い支給額の計算が出来るようになります。

 
  • 入院時の食事代が段階的に引き上げられます
入院時の食事代は、現在1食につき260円が患者負担と定められていますが、平成28年4月からは「360円」、平成30年4月からは「460円」に引き上げられます。(※ただし低所得者、難病、小児慢性特定疾患患者の負担額に変更無し)

どうなる?

入院中の食費は、本来1食640円でありますが、65歳未満の人はそのうち380円が健康保険で賄われているため、1食260円の負担で済んでいます。平成28年4月以降は、健康保険からの食費の給付が縮小されることで、段階的に自己負担額が増えます。

 

その他

  • 紹介状なしで大病院を受診した際の定額負担が導入されます
厚生労働省の基準に当てはまる公立病院や大学病院などの大病院(500床以上)を紹介状なしで受診した場合、救急の場合を除き患者が定額負担する制度が導入されます。(負担額は5,000円以上となる予定) これまでにも200床以上の病院では既に行われていましたが、任意徴収でした。今回の改正で、指定された病院で徴収が義務化されることになります。    
  • 患者申出療養(仮称)
「患者申出療養(仮称)」制度が創設され、患者からの申出により、国が安全性、有効性、実施計画の内容を審査した治療が保険外併用療養費※の支給対象となります。これにより必要と認められれば、国内では未承認の医薬品による治療などを、健康保険の治療と併用して受けられるようになります。

※保険外併用療養費とは・・・保険診療と保険外診療との併用を認めた制度(国民の選択肢を拡げ、利便性を向上するという観点からできた制度)の用語