出産手当金の支給を受ける

被保険者(任意継続被保険者を除く)が出産した場合には、出産のために仕事を休み、報酬(給与等)を受けられない期間の生活費として、「出産手当金」が支給されます。 ※被扶養者(家族)は支給対象とはなりません。   【給付期間】 出産の日以前42日(多胎妊娠の場合においては、98日)から出産の日後56日までの、仕事を休んだ日数分です。出産日が出産予定日より遅れた場合には、その遅れた期間分も支給されます。   【給付金額】
法定給付(法律で決められている給付) 休業1日につき標準報酬日額の3分の2相当額
  【給付手続】 支給を受けるためには、「出産手当金請求書」に、事業主に仕事を休んだ期間及び報酬(給与等)の支払いの有無に関する証明と、医師または助産師の出産に関する証明を受け、健康保険組合へ提出してください。   手続き 【提出書類】 ・健康保険 出産手当金請求書