退職したあとも受けられる給付があります

退職して健康保険の資格を喪失しても、退職前に継続して1年以上被保険者期間がある人は、所定の条件を満たせば傷病手当金、退職後一定期間内の保険給付を受けることができます。それを「資格喪失後の継続給付」といいます。    

○退職したあとの給付

注:本人のみの給付です。被扶養者は給付を受けられません。  
・傷病手当金を受けている場合
退職し資格を喪失したときに傷病手当金を受けている場合、支給開始日から1年6か月まで継続して支給されます。また、退職時に傷病手当金を受給していないが受けられる状態(欠勤しているが賃金が発生)であった者については、同一傷病に限り支給開始から1年6ヶ月の範囲で支給が受けられます。   手続きは → 病気やけがをしたときは? > 病気で休んだとき > 傷病手当金の支給を受ける  
出産手当金を受けている場合・6ヶ月以内に出産した場合
退職したときに出産手当金を受けている、また、受ける条件を満たしている場合、支給期間満了まで継続して受けられます。また、退職後6か月以内に出産したときには、出産育児一時金が支給されます。(この場合、出産時に加入している健康保険からの給付とマルハン健保からの給付のどちらか選択になります。)   手続きは → ライフシーン検索 > 子どもが生まれたとき  
・死亡した場合
次のいずれかの時期に死亡したときは、埋葬料が支給されます。 1. 退職し資格を喪失したあと、3か月以内に死亡したとき (この場合は退職前に継続して1年以上被保険者の要件はなし) 2. 退職後の傷病手当金、出産手当金の継続給付を受けている間に死亡したとき 3. 傷病手当金、出産手当金の給付期間が満了した後3か月以内に死亡したとき   手続きは → ライフシーン検索 > 亡くなったとき > 埋葬料が支給されます    
Point
・付加給付は支給されません 退職後の給付については、付加給付は支給されません。(法定給付のみの支給となります。)