75歳以上の高齢者は後期高齢者医療制度に加入します

後期高齢者医療制度とは、75歳以上の高齢者等を対象とする、独立した医療保険制度で、75歳になると健康保険の被保険者、被扶養者としての資格を失い、全ての方が「後期高齢者医療制度」に加入します。「後期高齢者医療制度」の被保険者となった場合には、市区町村より「後期高齢者医療被保険者証(保険証)」が1人に1枚交付されますので、健康保険の資格喪失等の手続きとともに、これまでの保険証を返却していただくことになります。
  「後期高齢者医療制度」は、各都道府県により設立されている「後期高齢者広域連合」により運営されており、広域連合には都道府県の区域ごとに当該区域内すべての市区町村が加入して、保険料の決定や医療給付などが行われています。(保険料の徴収や窓口業務は市区町村が行っています。)
くわしくは、お住まいの各市区町村の窓口または各都道府県の広域連合にお問い合わせください。