65歳以上75歳未満の高齢者が療養病床に入院したとき

65~74歳の高齢者が療養病床(主に慢性期の疾患を扱います。)に入院したときには、医療費の自己負担分とは別に、食事代(食費)・住居費を自己負担することになります。その自己負担額(生活療養標準負担額という)は1日につき1,700円(1ヵ月約52,000円)となりますが、その金額を超える分は、「入院時生活療養費」として健康保険組合が負担し、入院時の食事代(食費)・住居費として「生活療養標準負担額」だけを医療機関の窓口で支払います。    

○療養病床とは?

病床には医療法で定められた区分があり、一般病床、療養病床、結核病床、感染病病床、精神病床があります。 特定の疾患を対象とした結核病床、感染病病床、精神病床以外が、一般病床、療養病床です。  
【生活療養標準負担額】
入院医療の必要性の高い方以外 (※入院時の食事療養標準負担額のみの負担となります。)
区分 生活療養標準負担額
食費 (1日につき3食) 居住費
一般 入院時生活療養費(Ⅰ)を算定する 医療機関に入院される方 1食につき 460円 (1日3食 1,380円) 1日につき 320円
入院時生活療養費(Ⅱ)を算定する 医療機関に入院される方 1食につき 420円 (1日3食 1,260円)
低所得者 市町村民税の非課税者等 1食につき 210円 (1日3食 630円)
世帯全員が住民税非課税者で、かつ、所得が0円(年金収入の場合は、年金収入80万円未満)の方または、老齢福祉年金を受給している方 1食につき 130円 (1日3食 390円)
※生活療養標準負担額は、被保険者、被扶養者とも同額負担で、高額療養費の対象とはなりません。 ※被扶養者の入院時生活療養にかかる給付は、家族療養費としてその費用が支給されます。 ※「入院時生活療養費(Ⅰ) を算定する医療機関」とは、厚生労働大臣が定める基準に適合しているものとして地方社会保険事務局に届出のある保健医療機関のことをいい、「入院時生活療養費(Ⅱ)を算定する医療機関」とは、それ以外の保健医療機関のことをいいます。    
【生活療養標準負担額】
厚生労働大臣が定める入院医療の必要性の高い方
区分 生活療養標準負担額
食費 居住費
一般 1食につき 260円 1日につき 0円
低所得者 (市町村民税の非課税者等) 過去1年の入院日数が90日以下 1食につき 210円
過去1年の入院日数が91日以上 1食につき 160円
70歳以上の高齢受給者で所得が一定基準(年金収入80万円以下等)に満たない方 1食につき 100円
※生活療養標準負担額は、被保険者、被扶養者とも同額負担で、高額療養費の対象とはなりません。 ※被扶養者の入院時生活療養にかかる給付は、家族療養費としてその費用が支給されます。