傷病手当金の支給を受ける

被保険者が、業務外の病気やけがのために仕事を休み、そのために給料等をもらえないときは、その間の生活保障として健康保険から傷病手当金(1日につき標準報酬日額の3分の2相当額)の支給を受けることができます。    
○支給の条件 ~次の4つの項目すべてが該当した場合、支給を受けることができます
1. 業務外の病気やけがの治療中(自宅療養中も含む)のとき 2. 病気やけがのため、今までやっていた仕事に就けないとき 3. 続けて3日以上会社を休んだ経緯があるとき(休日、有給休暇も含まれます) 4. 給料等がもらえないとき (給料がもらえている場合でも傷病手当金より少ない場合は、その差額の支給が受けられます) 支給の条件  
○支給を受けることができる期間
同一の病気やけがに対して休業している日数のうち、最長1年6カ月の期間(待機期間、出勤した日を除く)について支給が受けられます。ただし、暦で1年6ヶ月間の意味のため、間に「出勤」「有給を使う」などの理由で、実際傷病手当金を受けていない期間があったとしても、期間満了がその分伸びることはありません。 支給を受けることができる期間    
○傷病手当金が支給停止、支給調整される場合
・障害年金(厚生年金保険・国民年金)を受けている場合は、傷病手当金は支給されません。 (ただし、傷病手当金の額を下回る場合はその差額が支給されます。) ・老齢厚生年金等の老齢給付を受けている継続給付受給者については、原則支給停止となります。 (ただし、傷病手当金の額を下回る場合はその差額が支給されます。) ・傷病手当金と出産手当金の両方が受けられるようになったときは、支給停止となります。 ・任意継続被保険者となってから発生した病気やけがについては、支給を受けられません。
   
○支給額の算出方法
平成28年4月1日分より傷病手当金および出産手当金の支給額の算定方法が下記のとおり変更されました。
改正前【平成28年3月31日までの対象日】 
標準報酬月額の1/30(標準報酬日額)の2/3
(例)標準報酬月額 300千円 300,000÷30(日)※1×2/3※2=6,667円(支給日額)
  • ※1「30日」で割った時点で1の位を四捨五入します(以降の計算も同様)
  • ※2「2/3」で計算した金額に小数点がある場合小数点第1位を四捨五入します(以降の計算も同様)
改正後【平成28年4月1日以降の対象日】
① マルハン健保の被保険者期間が1年以上の方
手当金の「支給を始める日」以前12ヵ月間の標準報酬月額の平均額の1/30(標準報酬日額)の2/3 支給例 ② マルハン健保の被保険者期間が1年未満の方
  • A: マルハン健保加入期間の標準報酬月額の平均額の1/30(標準報酬日額)の2/3
  • B:【支給開始日が28年度の場合】280千円(マルハン健保全被保険者の27年9月30日現在の平均標準報酬月額)の1/30(標準報酬日額)の2/3
※A・Bのいずれか低いほうで決定
手続き
  【提出書類】 ・健康保険 傷病手当金請求書 ※事業主を経由して健康保険組合に提出してください。 ※任意継続被保険者の方は、健康保険組合へ直接提出してください。   【添付書類】 ・事業主が準備するため、不要    

Q. 傷病手当金は同一の病気で1年6ヶ月間受けられるのですか?

A. 傷病手当金は最長で1年6ヶ月間受給することができますが、ここでの1年6ヶ月とは「傷病手当金の支給開始日から、暦の上での1年6ヶ月間」であり、「1年6か月分受給できると」ということではありません。たとえば、支給開始日から1年後に仕事復帰し、2ヶ月復職したのち再度同じ病気で働けなくなった場合、請求できるのはあと4ヶ月ということになります。また、1年6ヶ月以内に回復して働ける状態になれば、それ以降の請求はできません。また、「同一の病気で」というのは、必ずしも「同じ病気で」ということではなく、病気の原因や症状が同じものや、関連性のある病気・ケガなどを指します。  

Q. 在職中からの病気のため退職しました。これからの傷病手当金は受けられますか?

A. 請求期間が在職中のものであれば、手続が退職後であっても請求できます。退職日までの事業主の証明が必要ですので、会社を通じてお早めにお手続ください。 (1)退職までに1年以上継続して社会保険の被保険者であることが必要です。(当健保に加入してから1年未満であっても、直前の健康保険の喪失日がマルハン健保の資格取得日と同日であれば通算することができます。) (2)「退職日まで受けていた傷病手当金の期間が1年6ヶ月に満たないとき、退職後引き続き同じ病気で働けない場合に限り」請求することができます。また、「退職日まで働けない状態であっても、会社から給与を受けているために(有給休暇など)退職日までの傷病手当金を受けられないとき」も請求できる場合があります。詳しくはマルハン健保までお問い合わせください。  
その他のよくある質問はこちら