自動車事故にあったとき(第三者行為による傷病届等について)

必ず健保組合に連絡と届出を!

交通事故やケンカなど第三者行為によってケガをしたときの治療費は、本来、加害者が負担するのが原則です。
しかし、加害者と話し合いがつかなかったり、加害者がその場で精算できないような場合、加害者が支払う治療費をマルハン健康保険組合が立て替えて支払うこととなります。
後日、健康保険組合が加害者に対して立て替えた治療費を請求する際に「第三者行為の傷病届」が必要となりますので、すみやかに提出してください。
ただし、業務上や通勤途上のケガは健康保険ではかかれません。

 

〈届出書類〉

「第三者行為による傷病(事故)届」 被保険者等が記入することになりますが、相手側(損害保険会社等)に依頼できる場合は、相手方の記入も可能です。
「事故発生状況報告書」 交通事故の場合、事故の状況や過失割合を判断するうえで、重要な書類となりますので、できるだけ詳しく記入してください。
「念書(同意書)」 被害者が加害者に対して有する損害賠償請求権を健保組合が代位取得し、加害者又は損害保険会社等へ損害賠償請求をする際、医療費の内訳(診療報酬明細書の写)を添付する場合があります。個人情報の提供となるため、ご本人の同意をお願いします。
「誓約書(加害者記入)」 加害者に代わって健康保険組合が立て替えた治療費の求償に応じてもらう誓約書です。

 

〈添付書類〉

「第三者側の損害賠償責任保険契約内容」 交通事故の場合、治療費を求償する際に必要です。
「交通事故証明書」 交通事故の場合は、「交通事故証明書」を必ず添付してください。その際、「物件事故」となっている場合は、届出等様式にある「人身事故証明書入手不能理由書」が必要となります。
「人身事故証明書入手不能理由書」 交通事故の際に、「物件事故」や何らかのやむを得ない理由により、警察へ「人身事故」の届出ができなかった場合に必要となる書類です。
(通常は、保険会社から送られてきます。)

 

〈第三者行為による医療費の流れ〉
第三者行為による医療費の流れ

 

〈示談〉
示談をする場合は、事前に健康保険組合にご相談ください。
例えば、被害者が加害者と示談を結んでしまうと、健保組合は、請求すべき治療費などを加害者に請求できなくなり、その結果として、被害者が負担することになりますので、ご注意ください。

 

〈手続き〉
「第三者行為による傷病届」に必要な書類を添付して、健康保険組合へ提出してください。

 

業務上や通勤途上での事故の場合

業務上や通勤途上で発生した事故で負傷した場合、労災保険から給付を受けることになりますので、法律上、健康保険(保険証)を使うことはできません。先ず勤務先の店舗・事業所・本社人事部人事課に連絡をし、人事担当者や労働基準監督署とよく相談して、指導を受けてください。万一、健康保険(健康保険証)を使用して治療を受けてしまった場合は、後日、健康保険組合が支払った治療費の返還請求をさせていただきますのでご注意ください。

 

ご不明の点は、健康保険組合へご相談ください。

 

「第三者行為」に関するよくある質問はこちら