熱中症にご用心!!

そもそも熱中症って?どんな症状が起きるの?

熱中症とは、高温多湿な環境に私たちの体が適応できないことによって生じるさまざまな症状の総称です。 以下のような症状が出たら熱中症にかかっている可能性があります。 保健師だより1  

予防するために

暑さに負けない体作りと、暑さから身を守る行動が大切です。 ・室内では、無理せずクーラーや扇風機を活用しましょう。水 ・屋外では、衣服の工夫や冷却グッズなどを活用しましょう。(首元など、太い血管が通っているところを冷やすと効果的です) ・細めな水分補給をしましょう。ノドが乾いてからでは遅いです ・汗は水分と一緒に塩分も含まれています。水分補給と同時に適度な塩分補給をしましょう。(塩飴やカリカリ梅などがお勧めです) ・日頃から、食生活や睡眠等に気を配り、体力をつけましょう。    

熱中症かもと思ったら

・涼しい場所に移動しましょう ・衣服を緩め、風通しの良い状態にしますクーラー ・体を冷やす(首や腋の下、足の付け根を冷やすと効果的です) ・水分、塩分を補給する(ただし意識がはっきりしない場合は無理やり飲ませないでください。) ・意識がはっきりしない時や、上記の処置で改善しない場合は早急に医療機関へ搬送してください。 保健師だより2